鶏もも肉のワイン蒸し。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


ダイエット中でも、こんなのをガツガツ食べます。

【鶏もも肉のワイン蒸し】 大人3〜4人前

材料:

  • 鶏もも肉かたまり2枚(500~600g)
  • 白ねぎ大 2〜3本(もっと多くても可) 10センチくらいにぶつ切りして、縦5ミリくらいに刻む。しらがネギより少し太いくらいの要領。
  • ニンニク 香り付けなので適当につぶしたりぶつ切り。
  • 白ワイン 1〜2カップ
  • 昆布水(普通の水でも可)
  • コンソメ1個、塩コショー 味付けはこれだけ。

作り方:

① フライパンに鶏もも肉をかたまりのまま、皮を下に2枚とも入れ、強火で焼く。皮目がこんがり焼けたら裏返す。お好みでしみ出した油を切る(あっさりと仕上がる)。

② 裏返したタイミングで、ニンニク、白ねぎを入れる。昆布水(または水)と白ワインを1カップずつ加え(実はテキトー)、コンソメ1個もここで入れてしまう。

③ 中火に落としてフタをして、20分くらい煮詰める。白ねぎがくったりして、水分がスープになってひたひたしてくる。

④ 白ねぎのくたくた具合とスープの煮詰まり加減を見て火を止める。塩コショーで味を調えたら出来上がり。

⑤ お皿に盛りつけるときに、水でさらして作ったしらがネギをトッピングすると見栄えがする。

このレシピはもう20年近く前に「恵美子のおしゃべりクッキング」でみて以来。よく友人と家飲みするときに作っていたもの。

ノーベル賞の益川敏英先生があるメディアで「外国で鶏のワイン蒸しをごちそうになったときに、世の中でこんなに旨いものがあるのかと感動した」と話していたのを見て、この料理に違いないと確信している次第。

仕上げにオリーブオイルを垂らしてコッテリさせた方がすすむと思うけど、そこらはお好みで。ナイフとフォークで切り分けながらリッチな気分でいただきます。料理の残りの白ワインでもいいけど、いつも赤ワインでやってます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントは停止中です。