Warning: reset() expects parameter 1 to be array, boolean given in /home/ujinax/ujina.com/public_html/wp-content/themes/xeory_base/lib/functions/head.php on line 143

「ナチスの手口から学べ」発言の麻生副総理が語っていた「ホームレスも糖尿病」発言とは。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

麻生副総理の「(憲法改正は)ナチスの手口から学んだらどうか」発言が国際的に炎上しております。麻生さんの「ホームレスも糖尿病」発言を紹介します。(政治的にはもちろん)糖質制限の理論からみて話題性があると思います。

「ホームレスも糖尿病」 麻生総務相が発言

http://www.47news.jp/CN/200310/CN2003102001000494.html

リンク先が切れて読めなくなるときのために引用。

麻生太郎総務相は20日、鳥取県東伯町で開かれた講演会で「新宿のホームレスを警察が補導して新宿区役所が経営している収容所(施設)に入れたら『ここは飯がまずい』と言って出て行く。新宿のホームレスも糖尿病の時代ですから。豊かな時代だ」と発言した。  講演会は自民党鳥取県第2選挙区支部が主催し約600人が参加。同総務相は戦後、自民党の経済政策、産業育成政策が成功したことで日本が豊かになったとの内容を話す中でホームレス問題に言及した。

2003/10/20 15:44   【共同通信】

 この発言って巷にありがちな「糖尿病は好きな食べものに偏って暴飲暴食しているぜいたくな病気だよね」という理解をうまく活用していますよね。

「ホームレスでも贅沢な食事してるんでしょ」といって日本には貧困問題などありえないし現にない、とでも言いたげ。この発言は2003年、ちょうど10年前なんですね。

さて、糖質制限食を毎日毎日続けていると、あることに気づきます。

  • 糖質は手っ取り早いカロリー源
  • 栄養の中で一番お安くカロリー摂取できる
  • だからファーストフードは糖質主体

つまりは糖質の摂取と現代の忙しい生活は切り離せず、さらに偏った食事と労働のあり方って関係ありそうだなぁってことに。

思うのですが、糖尿病はつまるところ「糖質に依存しすぎた食生活」が原因ではないでしょうか。

高純度の糖質ばかりをカロリー源にして、体力の限り働き働かせる職(食)習慣が、まさに糖尿病を引き起こしているわけですよね(その道の学会の見解にはあえて触れませんが)。

一般的な国民でも「バランスのよい食事」がしにくくなっているから、ホームレスに陥ってしまうような方々は、なおさら摂取できる栄養が「糖質だけ」に偏らざるを得ないのではないでしょうか。

糖尿病の罹患率は、つまり貧困度のバロメータなのではないか。肥満もぜいたくではなく貧困の表れなのでは?

糖質制限の私論からは、こんな疑問が浮かぶのですが、これは麻生さんが上記の発言で暗に示した「糖尿病はぜいたく病だ」という認識とは真逆になります。

アメリカで肥満が増えているのも、アメリカが世界で一番貧困が進んでいる国だからなのか、それとも、世界一の経済大国で国民(食)生活がぜいたくだからなのか、と疑問を立てることもできそうです。

ちなみに「ホームレスが糖尿病」発言は、最近この方も雑誌でしていますね。

本当に困窮して三食食べられない人がどれくらいいると思う?ホームレスが糖尿病になる国ですよ
片山さつき
生活保護 激論120分 蔓延する「不正受給」は本当か
週刊朝日 2012年07月20日号 122-125頁
上記の雑誌の記事は、noiehoie さんのツイートに見えます。

まとめ。

「ぜいたく食をしているから糖尿病になる」は事実と違うと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

SNSでもご購読できます。