なまオリーバー・ストーン監督を拝んできた!

あのオリバーストーン監督来日!のニュースが報道される中、行ってきましたよ。

原水禁世界大会 2013( IN 広島) 。チケットを入手しないと入れないかフラッと行ってみようか悩んだけどショーバイ人組合で参加者登録してもらい参加できました。

核廃絶や平和運動のためにも、このブログで旗を掲げている「1人ひとりの食事と働き方」の問題をしっかりやらねばと心を新たにして帰ってまいりましたよ!

 

さて、オリバー・ストーン監督がなぜ広島に来て、もっとも言いたかったことはなにか。こう言ってました。

アメリカのウソはたくさんあるが「戦争を終わらせるために核兵器を落とした」というのが世界の歴史上最大のウソだ。

 

詳しいことは監督の著書で読んでみるとして、印象的だったのは監督の発信力。

体格も大きな人だし、顔つきも迫力ある。ベトナム戦争にも従軍したことにも触れたとき、プラトーンの冒頭の「壮絶な上陸シーン」を思い出した(この記憶は間違いで、スピルバーグの「プライベートライアン」だ)。

オリバー・ストーン監督は、歴史学者のピーター・カズニックと三部からなる「オリバー・ストーンが語るもうひとつのアメリカ史」を出版。今回の来日はそのプロモーションの一環でもあったみたいデスね。ショーバイはしっかりやらなきゃね。

歴史学者のピーター・カズニックの方は、学者っぽく話す感じだったけど、監督からはイメージとメッセージが伝わってきた。これ読んでおきたいよね。もちろん会場には売ってあったんだけど三冊一度に買いそうになりやめました(泣)。

映画の方は、今日の話しの流れではこれを見ておきたい。

ブッシュ

今日は、偶然も偶然、旧知の方にもお会いできて「その後、糖質制限で順調に減ってる?」と聞かれましたので、こうやって頑張って書かなきゃと気合い入れてみました。オリバーストーン監督の発信力にはとうてい及びません(笑)。

 

オリバー・ストーン監督が広島原爆資料館を見学 http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK04013_U3A800C1000000/

「原爆が終戦早めたは神話」 http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201308050121.html