糖質制限食がブレークスルーしてくれた、あんなことこんなこと。

おはようございます。今朝は早く(4時台)に目が覚めた OT です。

昨日からFacebookで友人のFB投稿を見ていたり、自分も何気なく投稿した際に気づいた「基礎を知ればなんらかのブレークスルーが起こるんだな」的なことをメモにしときます。

 

もちろん、今は糖質制限食をメインに書いているので、まずはそれでおこったブレークスルーを。

ブレークスルーその1。1日3食(以上)から1日1食になったこと。

毎日朝ご飯食べないと1日が始まらない始められないと思い込んでいたのが、コーヒーやみそ汁、水だけでもオッケーになったし。お昼のランチで悩む必要はなくなりました。

もちろん1年前はランチに「広島風つけ麺」や「汁なし担担麺」に通うのが激しく楽しみだったから、それを基準にしたら楽しみが減ったことになります。

だけど、ダイエットや夜の献立とのバランスに悩みつつ、今すぐランチに行きたいという矛盾していて煩わしくもある時間が1日24時間の中からなくなったのです。

お腹が空いて、食べに走って、その後眠くなって、という時間のロスがなくなり仕事や思考の中断が起こらなくなった。これは一番大きなブレークスルーです。

 

ブレークスルーその2。買い物に悩まなくなった。

自宅から徒歩2分のところに地場企業の中規模スーパーがあり、そもそも便利なのですが、スーパーに入って買い出しに悩むことがなくなりました。

そこは、入り口からまっすぐ入ると、野菜、お肉、魚の順に売り場が並んでいます。ここで選んだらあとはお酒売り場で糖質ゼロ発泡酒を買ったら基本的に終わり。牛乳やヨーグルト、チーズも買いますが、その他の大半の売り場が自分には無関係なスペースに(笑)。

食べる物と調理法が決まることでスーパーでの買い物時間が大幅削減になりました。短時間で済むから、かえってサクサクと毎日通う感じになり生鮮食品の半値品を狙いやすくもなる。

時間ばかりでなく悩む必要がないのがものすごく楽。スーパーでの食材の買い出しって「バランス良く食べなきゃ」とか「食品添加物が」「安い外国の食材は国益的にどうなん?」とかそもそも「今日の食費の予算は」とかを悩みがちだった。

その点「肉・魚・野菜をしっかり」と大原則を考えればよくあとはその時の判断と思えるように。メンタル面でのスキルとしてもブレークスルー。

 

といったところで長くなりそうなので、続きは次の投稿にします。