お呼ばれ焼き肉パーティ。もしや組合結成(笑)?

お呼ばれとはいえ食べ方が逸脱してしまったのが体調でわかる翌日です。こんにちはOTです。

 

昨日の「焼き肉の達人になるタレ」は、連れ合いさんの職場のみなさんとの焼き肉パーティに持参したのでした。みなさんに褒めていただき朝から仕込んだ甲斐がありました。

 

メンバーは学校の先生・職員らとその家族。公的なセクターでお勤めのみなさんなので、写メ撮影は遠慮したし、会話内容の紹介もブログでは書きづらいこともありますが。

 

一番盛り上がったのがお給料の引き下げ話。国家公務員給与で行われた「震災復興財源に充てる」との名目での引き下げが、この度、こちらの地方自治体でも行われたわけですね。

 

ある方が「月額27000円も下がってた」と言ったのを聞いて、他のみなさんが「ええ?そんなに下がりましたっけ?元もとどんだけもらってんですか!」と。

 

お給料の「下がった、上がった(最近はほとんど無い)」は、簡単じゃないんですね。月給額から諸手当、社会保険や税金、そして手取りの振り込み額と、どの段階で前と今とを比較するのか、したのかを共有しないと話しが噛み合いません。

 

ここで、新卒で着任されている事務職員の方が大活躍。給与支給実務に精通しているので解説の開始。教員や他の職種の時間単価を10円単位まで記憶されていたり。

 

「復興財源用の給与引き下げは期間限定だったから来年春には元に戻るんでしょ?」

「どうでしょうか?いったん御上が言い始めて下げられたものはあがりにくいんじゃないですか?」

 

こちらの地方自治体では、組合が二つあるのですが、それぞれの組合員もその場にいたりして。まあ「日の丸君が代」で立つか立たないかの話しもしましたが、やっぱり給与や待遇、仕事内容、管理職のこと、なによりも教えてる子ども達のことが一番に盛り上がるわけですよね。

 

ちなみに糖質制限食については、みなさん一回り以上お若く、スリムな方ばかりだったため、あまりニーズがなかったようです。おかげさまで、ピザに始まり、トウモロコシにじゃがいも、焼きそば、とハメをはずして食べてしまいました(笑)。ドンマイドンマイ。

 

今度は、うちにお招きする順番が回ってくるようですので次回を楽しみにします。