iPhoneの睡眠アプリ Sleep Meister を使って、睡眠障害の頃を笑って振り返ってみた。

iPhoneのアプリって何でもありますね。最近、睡眠を記録できるアプリを知って試してみたのでそのレビューです(私の睡眠リズム復活報告でもあります・よっしゃ!!)。

アプリのレビューと言っても、詳しい機能の説明ではありません(予め)。

まず最初に驚いたのは iPhone 一つでどうやって睡眠を記録するんだ?と。

医療関係の友人から聞いてたところでは、医療機関ではセンサーをたくさんつけて個室で睡眠し、技師さんが一晩中モニターと患者をみて記録をとると聞いていたから。

「 iPhone からセンサーを伸ばして頭に貼ったりするんだろうか?」

いいえ、違いました。なんと枕元に置いて寝るだけ。それなら簡単じゃないの。

で、ダウンロードしてやってみた。使い方は簡単で、アプリ起動 → 就寝時にセット → 就寝 → アラームで起きたら → 起床をアプリに合図、これだけ。

IMG_1701

きれいにレム睡眠とノンレム睡眠の波が。就寝のセットをして5分あまりで「寝落ち」してるのもニヤリ。

わかってますとも。どこまで正確なのかわかったもんじゃないですよ。でもね、睡眠のグラフが波打ってて「こんな眠りでしたよ」と(断定とデフォルメして?)教えてもらえるって単純に楽しい。

数日試してますが、前日は4時間程度で目が覚めてしまって、しかも深い睡眠の波が少なかったんです。ほら。

IMG_1703

入眠が5分でなく23分もかかってます。

そしたら、確かに翌日は午後に入ってかんばしくありませんで、少し横になったり、起動のためにランニングをもってきたりして調整(これができるのが特権デス)、そして夕方と夜の部へゴー(笑)。

なんか調子よくないな? あ、そっかよく眠れてなかったからか。

との気づきにちゃんと使えてまさにQOLアップ!

最近、糖質制限食をして「普通にごはんや麺を食べたら眠くなるんでね〜」なんて言いまくってる私ですが、ちゃんと眠気が来るのがどんなに健康で生活の質を保つのに大事なことか。

毎晩毎晩、床についても

悶々としたまま、また朝が来た〜、は〜 (T_T)

なんとも言い尽くせないあのいや〜な気分。一生、ずっと悪夢の中を過ごしていくかのような重たくてどうにもならない身体の不調。

どこへ行っても何を読んでも、そのいやーな気分からものを見てるから、すべてがネガティブ。だったら、まずは健康を取り戻さないと、なーんにも始まらんじゃないの。

もちろん、今でも日常的にストレスや不安はありますので(どうせ逃げられませんからね)、そのうちまた行ったり来たりするのでしょう。

だから、

楽しく付き合っていくノウハウも覚えておこう。

できているうちに。

ホントにつらい睡眠障害があるときって、こういう自己管理系のガジェットなんて弄る気にもならないですから。

というわけで、食べものと睡眠と運動を、私のナリワイの岩盤にしようと思っておるのです。

しかし、5分で入眠には笑っちゃいました。