Warning: reset() expects parameter 1 to be array, boolean given in /home/ujinax/ujina.com/public_html/wp-content/themes/xeory_base/lib/functions/head.php on line 143

シゴトを進める上での身体性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

仕事の話しなのに本業サイトには書けないこと。なぜなら新規開拓の妄想だから。もとい「市場調査」というべきですね。海の方面でも代書業の仕事というものがありまして以前かなり根詰めて勉強したことがあります。ふとそれを思い出してウエブサイトやら法令をみていたら一日が終わりました。OTです。

できれば引きこもらずに港に行ってみたかった。

他にも明日の役所をまわって証明書を取っていくの順番と申請書の準備とか。

あと、近く申請する添付書類で地図を添付するのにZENRINの複製許諾証を貼るかどうか(というどうでもよさそうなこと)に迷ったり。う〜ん、ガチガチに言えば著作権法の遵守なのですが、現実にはなくても受理はされるわけです。担当窓口はZENRIN社の著作権に関知しないわけで、マナーの問題になってしまっているような。

士業の中でも、特に私の代書業は労働集約型だと思えます。一つひとつの案件ごとに「スムーズに行かない」箇所があって、そこを埋めていかないと前にすすまない。実際に写真1枚が撮れずに申請がストップしてしまったり実際にあります。役所は簡単に「撮り直してください」といいますが。

フットワークで仕事をすすめていく意識を持つとなにかとうまくいくようです。というか、どんな仕事においても大事なことですね。

頭ひねってちゃちゃっと成果出して。。。

なんてのは、仕事をなめておるわけですよ。

身体性

ということは、言語や制度、むろん法律よりもよりも根本的なこと。

糖質制限食をしていると、身体との対話がよくできる。

「身体性」をよく実感しながらシゴトをすすめられる、というこのブログのテーマにつながって、今日の投稿を終わるわけです。

おやすみなさい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

SNSでもご購読できます。