自分の仕事でしょう

「自分の仕事でしょう」。前職時代に上司的な立場の目上の方からこう叱られたことがある。その時は全く受け入れることが出来なかった。受け入れる余裕がなかった。

私がミスが多く仕事が雑になっていたのを見て、教育的というよりはハラスメント的な言われ方だったように思っている。それくらい職場にギスギスした状況があった。

「ろくすっぽ仕事の状況も見てくれずこの人は何を言ってるんだ」と。

今となっては、叱ってもらえる前に自分のところに来てもらえない(=仕事をもらえない、助けてもらえない)だけだから、もう言われることはないのだろう。

次にもし叱られたら相当にありがたいと思わなくちゃいけない。

「自分の仕事でしょう」と言ってくれたその方は、他にもいろいろと忠告や無理難題の多い人だった。いっぱいいっぱいで回しているのに特別に時間のかかることを要求してくる。それも当然だと言わんばかりの態度。いくら時間をかけても残業しても終わらず、しかもやればやるほどミスも増え、その修復に、とスパイラルだ。

残念ながらそんな関わり方だったので、その方の忠告していたであろう他のことはキレイさっぱり忘れてほとんど覚えていない。

それだけこの「自分の仕事でしょう」にだけは、引っかかっていたようだ。

それが最近になると「自分の仕事だろ」と自分につぶやくことがある。もしかしたら、もうどなたかにも「自分の仕事なんですから」と言っちゃってるかも知れない。

押しつけられ、やらされる仕事から、自分で創り出していく仕事へ。一つひとつできることを見つけて仕事にしていく、それを通して他人と社会と関わって、経験を通して成長して、また次の段階の仕事を見つけてつくっていく。

そんなことなら「自分の仕事でしょう」と自分にも人にも合言葉のようにいいたくなる。

目の前にあることがすべて、なんらかの意味で、これから造りあげていく自分の仕事の手がかりになる。

そう思えたら、今すぐ、手間を惜しまず、ありがたく、なんにでも取りかかりたい気持ちになる。

「自分の仕事でしょう」