昨日の「糖質制限食は「食費が高くつくから続けられない」のか?の中で、1日1食になったらむしろ安くなるかも?と書いた。

でもこれって1日1食に結果的になってから言えてること。

自分も空腹感のハードルを超えるのはたいへんだったし、疑心暗鬼になりながら炭水化物(糖質)を抜くことを続けていた。

その疑心暗鬼とはこんなこと。

  • タンパク質ばかりで高くつきそう
  • お腹が空き続けるのだから炭水化物が必要では?
  • 何を食べろというの?
  • 口が寂しいと気持ちも寂しい
    なので、糖質制限を始めた当初は、ランチもそれなりに食べるようにして、食間をつなぐものも食べていた。

  • 糖質制限になっていても

  • 手間をかけず手軽に食べられ
  • お腹が満たされる
    ようなもの。そして、炭水化物も時々は食べてもいいじゃん、ということにしていた。食べたいから妥協案としてそうなった。

自分の食べているものをまとめた「管理人の糖質制限食」にも出てくるけど、

納豆やじゃこ

IMG_0924

 

ゆで卵を作っておいて、マヨネーズやパルメザンチーズで濃厚にしてサラダにするとか。

foodpic3501155

 

以上は自宅にいないと食べられませんが。これとかは持ち歩けます。

大豆粉クッキー

IMG_1434

 

レシピはここの。Cpicon糖質オフ☆大豆粉クッキー by ニャハ

最近持ち歩いているといえば

ミックスナッツやドライビーンズの缶詰

IMG_2591

 

外回りが多い時はコンビニも使えました(今はなくても足りてる日が多い)。

セブンの「揚げ鳥」
http://www.sej.co.jp/sej/html/products/ff/hotsnack/

その他、枝豆、6Pチーズをセブンカフェコーヒーと一緒に。

 

こうやって見たら、台所で一手間かけたり、コンビニで買うものを工夫すれば問題なくクリアできそうなんだけど。

これが意外に簡単じゃなかった。何がって自分の中の思い込み(炭水化物信仰) が。

  • 納豆には白いご飯が一緒だろ
  • サラダならパスタも付けたいな
  • コンビニはごはんつきの弁当を買うところだろ
    だって、今までずうっとそうしてきたんだから。

その場の炭水化物を食べない買わない行動を納得してそうするのに、ものすごい抵抗を感じた。

今となっては「食間をチーズかナッツでつなげば十分」と思えるのに。

「炭水化物(糖質)を制限してしばらく試してみる」というシンプルなことさえ、今までの考え方や行動を変えるのは、なかなか難しいものだ。ストレスかかえて追いまくられていたら「しばらく試してみよう」という気持ちにはなれなかったかも知れない。

その意味でも、ゆったりした気持ちをまず持つことは、具体的な抜け道を見つけるのにとても大事だという気がする。