「フラットソール難民」自力救済。 Merrell Vapor glove が到着。さっそく走ってみたんでレビューを書いとくよ。

先日の「もう耐えられない!NIKEFREEをやめることにした顛末」で書きましたように、ウォーキングやランに出る際の「フラットソール」を探しておりました。

唯一手元にあるというか足元にある Feiyue は、とっても気に入ってるんでリピートすることも考えましたが、

少し限界を感じる面もあります。まずはこれ見てください。去年の6月頃から年末まで半年履いたFeiyue(黒)です。

IMG_2980

フラットソール事始めだったこともあり、踵がよく磨り減って、もう少しで穴が空きそうです。もうこの位置だけアスファルトがビシバシきてるんで履いて歩きまわるのは限界です。

IMG_2984

こいつではランニングにはまだ行ってなくて、四股踏みと買い物など気軽な外出のみ使用でこれです。ちょっと消耗早すぎだわぁ。

年明けからは2代目Feiyue(白)にバトンタッチしまして、こちらはここ一月くらいでランニングにも出ており、さらにソールの減りが早くなる予感。毎回「靴底をすり減らしてる」実感があるわけです。出走時に「ああ、今日も減っちゃう」って思いますもん。

IMG_2976

という悩みだったわけですが、先日の似島ハイクでさらにフラットソールのすごさを実感したもんだから、帰還後にさっそくポチっていたのです。それがこいつ。

Merrell Vapor Glove

IMG_2964

販売店サイトはこちらを見といてください。以下はわたし的レビューしときます。

http://www.merrell.jp/product/shoes/men/barefoot.html

チェックポイントは

  • フラットであること
  • ソールの厚み
  • サイズ
  • 使用感
  • 耐久性、価格
  • その他

にしてみます。

フラットであること

もうこれは現在絶対条件でして、NikeFreeで感じた「全身が詰まる感じ」って、自分はヒールと前足部の高低差が作ってあるから生じると思ってるんです。

シューズに設けてあるこの高低差と、重心やら動作の詳しい仕組みはわたしには説明できませんけど(興味ある方は
小山裕史のウォーキング革命~初動負荷理論で考える歩き方と靴」とかをどうぞ)、一昨年にNikeFreeで四股が踏みづらくてびっくりしたことから気づいて今までに到達した直感みたいなことです。

なにはともあれ「フラットソール」つまり前足部とヒール部の高低差なし。Merrell のベアフットカテゴリーは、それが明示してあるんですよねぇ。ずばり「0mm 」って。これ見た時にソッコー「merrell 買う」って決めたもん。

こっちが何を欲しいかわかっていて、そこんとこちゃんと提案する人から買うです。

この点、NikeFree の公式サイトは「裸足」イメージを飛ばすばかりで、データの詳細がわかりません。カラーをオリジナルにお着替えできたらなんだってのよ。

もっとも、NikeFreeでもAmazonの商品説明には「ミッドソールのオフセットを4mmに設定」みたいに、フラットかどうかについて書いてあるものもあるけど。

でもそこを読む人ってもう NikeFree 買わんでしょ(笑)。

ソールの厚み

これ少し心配していたんだけど大丈夫でした。実は Feiyue より薄くて「最薄!」記録更新です(笑)。

薄いものはなんでもそうですが「装着して(走って)」みないとわからんので、さっそく4キロ行ってきまして、問題なし。

IMG_2973

問題ないどころか、むしろFeiyueより敏感に地面を感じ反応が早くなった気がします。シューズのクッション性って、ほんの一瞬の不安(と緊張)をもたらしていたのではないか?との新たな仮説も。これはまた別に語りましょう。

ただ、耐久性という面では、体重を受け止めるソールの負荷が増すはずなのでまだ心配です。消耗品と割り切るにしても、価格との比較上「長く」履けるのはもう少しソールの厚目のがいいのかもしれません。

その意味では「とんがった」モデルですね。

サイズ

Feiyue は25.5cmを履いていて、最近は五本指ソックスを履いてるときつめに感じ始めていたので、26.0cmを購入。

ということもあったためか、素足で足入れファーストインプレッションは大きく感じました。五本指ソックス履いたらちょうどいいくらいかも。

IMG_2971

でもこのシューズは基本素足履きですね。

大きく感じるのは、Feiyue の方が土踏まずをサポートするからだったのにも気づきました。こちら Merrell Vapor Glove にそれ少ないんで「脱げないかな」って感覚が一瞬あります。

ま、Merrell の2足目も 26.0cmで行くと思います(笑)。

 

使用感=走行感

とにかくベアフットランニングが楽です。いままでで一番長くベアフット=フォアフットで走りました。正味3キロくらいだけどね。

一番の発見は、これまでベアフット意識したら小さくなっていた歩幅がぐいっと前にも後ろにも伸びる感じ。つまり歩幅が大きくなったかも。

股関節の意識も関係してるだろうけど、ソールの薄いのがいい方に作用しているかも。地面を敏感にキャッチできる安心感で思い切って足を動かせるイメージじゃね。

カンフーの基本功動作も、接地がダイレクトなのとソールがFeiyue より滑りにくいため、とにかくバランスがとりやすく動作も楽。このダイレクト感は動作の中で身体がどうなっているかキャッチするのに肝心なことですね。

「薄い」=足の裏が痛いイメージを抱いていたため、この感覚は意外でした。

耐久性、価格

3ヶ月くらい出走してみてソールを観察しますけど、たぶん短そう。とはいえあの Vibram ソールですんで、それなりだと期待はしております。

IMG_2970

お値段との相談でいえば、税込み 6,161円(送料無料)は、かなりいい線ではないでしょうか。

これで「ああ、今日も Feiyue すりへっちゃうな」の気分から、いったんは次の買い物のことを考えなくてよくなるようにと願っております。 Feiyue よりはたくさん流通しててサクッと買えるのも安心。

日常用途はこうなりますわ。

その他

このモデル。販売店サイトには「ベアフット初心者の方はこのモデルで走るのすすめない」って書いてあります。

もちろん「裸足感覚」の実践は注意が必要です。わたしも底薄シューズに気づいて履き始めてからようやく1年です。「裸足がいいらしい」と聞いていきなりペラペラシューズ買ってきて走るのはやめておきなさいと言っておきます。

だけど、最初にこれを買ったからって「まずは歩いてみるところから」にするとか、ご自分の状態を確かめながら柔軟に使える方ならオススメできます。

というわけで、Merrell Vapor Glove でした。

「フラットソール難民」自力救済。 Merrell Vapor glove が到着。さっそく走ってみたんでレビューを書いとくよ。” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。