糖質制限の減量でスーツをお直したので、中年おやじもウエストがくびれましたww

10393664_956548574372518_3864014102977335051_n

先日お直しに出していたスーツがようやく戻ってきました。スーツは仕事で必要な場面でしか着用しませんが、さすがに2着が2週間も手元にないとまだかなという感じになりました。

いつもビシッとネクタイまでしてるわけではありませんが、お客さんの書類や金銭を預かったりする際の様式=フォーマットだなと思います。先方も自分も余計な心配をしなくてすみます。

なので、

フリーランスな中年男性もスーツが無難ですよ!

と言っておきます。

これから糖質制限に挑戦されお気に入りのスーツをお直しに出される殿方向けに、簡単にレポートしときます。

スーツ受け取りにはお直し具合の確認をする

仕上がり予定日の午前中に一応確認の電話を入れてみたら「申し訳ございません、ただいまお電話さしあげるところでした。もう少し日にちをいただけないでしょうか」ということで、3日ほど待った感が募りました(笑)。

なので、夕方の慌ただしい時間に三○デパートへと相成り、ゆっくりできないの確定。

渡されてすぐに持ち帰っては野暮ですよ

何階だったかいつまでも覚えられない紳士服売り場に到着できるのは、何年も同じ位置にあるから。この安定と信頼感(わりと保守的な私です)。

さっそく注文の伝票控えをお渡しします。注文の際の女性店員さんがいて下さいましたので、顔も覚えてくれてますがまあ伝票を渡します。たくさんお直しがあることでしょうから伝票番号が必要なはず。

渡すと仕上がったスーツを取りにいき持ってきてくれました。しかしここで

はい、どうも

と持ち帰るのあせってはダメです。

これから店員さんとオーダーどおりにお直しできているかの確認タイムです。フィッティングルームに案内されますので恥ずかしがらずに見てもらいます。

スラックス履くときは扉を閉じてくれますので、中で素早く履き替えます。5本指ソックスを見られたのはしょうがないでしょうw

サービスに最大限の感謝を表します

スラックスに脚を通して扉を開けますと店員さんが背広に腕を通してくださいます。前ボタンを留めながら鏡に対面。

あまり見ちゃいないんだけど「おー、バッチリです」「買ったときの感じになりましたね」なんて会話を楽しみます。2着ありますので着替えて同様に。もともと着心地が違ったのも思い出します。

あらためて、ウエスト回りが合わないヨレヨレスーツを着てた中年おやじ脱出を確認。

年齢気にせず働けそうな気がしてきたので、大成功です。素直にお店の方に感謝を伝えます。

とはいえ、我がお直しを楽しむ範囲でのこと。「寒くなりますがコートもご覧になりますか(ニッコリ)」のアップセルには「ええ、また見に来ますよ」とやんわりとお断り。時間も先立つものも厳しいことですし。

「新調するより安い? 」

確認が済みましてお支払い。「三越カードはお持ちですか?」と聞かれ(勧誘され?)るも、カードは極力使わない主義になったので現金にて。

「1着が1万2500円になりますので・・・・」

と聞こえたので、修理箇所の反芻。

1着につき

スラックスで

  • バックと左右両サイドの三方締め
  • 脚部の詰め

背広が

  • 背中で詰め

の合計5点の作業だったはずだから1点につき2500円の計算(か?定かでないが)。

2着で25000円ね!と思いきや、記録写真。

IMG_1275

計算機に表示されたのは「消費税含む」額なのでした。一気に興ざめしながらそそくさと店を出る。

娘ちゃんが「おとーさんスリム!」の叫ぶ。これでいいのだ。

店頭とは雰囲気や見え方が違って来ますので、帰宅後にもう一度2着を交互に着用しながらあれこれしておりましたら、娘ちゃんから「わー、おとーさんスリム!」との呼び声がします。

腰のシルエットがですよ。店員さんと狙ったとおり「くびれ」ることに成功してた模様。

確かに、購入当時のフィット感がよみがえっています。(さすがに実物写真は自粛です・笑)

洋服屋さんのお仕事はお直しこそ?

今日になってこのエントリー書いていたらこんなサイトのエントリーを発見。

激やせの方、続出です…

お直しサービス提供サイドからの幸せなお話し。激やせされた方の減量方法まで書かれていませんが、みなさん「お元気に」減量できているとのことで、ブームが始まった直後の糖質制限食に違いない!

と勝手な想像をしました。想像するのは勝手です。

さらに、こちらの税理士さんもお直し経験をレポされています。

スーツのお直し完了!

お店のご主人が「やっと来たか」という感じでにこやかに迎えてくれた様子

って、ものすごく気になる!

ぴったりフィットのスーツめざして糖質制限

昨年4月から糖質制限食を始め、もう落ちないかな?と思っていたのが1年前。しかしそこからさらに5キロほど落ちました。

何度も直してもらうのもアリかも知れませんがw、その度に出費がきついのもご時世。

なので1年半くらいは待った方がよさそう。減量の成功が安定して「そろそろ」の頃になったら、お目当てのお店をみつけて問い合わせてくださいね。

「やっと来たか」と迎えてくれるご主人のお店があれば素敵ですね。

まとめのようなオファー

40代半ば(後半のほうの)にして初めてスーツのお直しというものをした私のレポでした。お直しを頼んでみてようやくそれを仕事にしてらっしゃる方の姿にも触れることができました。

最近太ってしまって着られなくなっているスーツのある方、ぜひ糖質制限してまたスーツを着られるかも知れません。

これから糖質制限してスリムになる方はぜひ腕のいいお店をみつけといてくださいね。

糖質制限食をやってみると、見た目で若返る(雰囲気もどことなく変わる)のはもちろんのこと、常識とか固定観念を打ち壊すほどの世界観にも出会えますので糖質制限本を2〜3冊読んでみてはいかがでしょうか。

実際の食事に取り組むのは理論に触れて腑に落ちてからでも遅くありません。

ぜひ ブラウザにブックマークしてくださいね。

でわまた。

糖質制限の減量でスーツをお直したので、中年おやじもウエストがくびれましたww” に対して 2 件のコメントがあります

  1. あきら より:

    こんばんは。
    糖質制限、今月から始めてみました。
    とりあえず、昼にお米を食べるのをやめました。
    もともと、夜は米は食べていません。
    それに、いつも五分付きです。
    なるべく穀物も食べないようにしました。
    お肉や魚は普段は滅多に食べませんが
    今晩は食べてみました。
    酒は家では滅多に飲みません。

    午後の眠気や疲労感から解放されましたが
    強烈な便秘になり、明らかに太ってきました。

    よそのサイトに
    肥満の人には効果的だが、標準体型や痩せ形の人は
    元に戻るか太る、と書いてあったのですが
    どう思われますか?

    朝も、米を抜いたら痩せるかなあ…。

    米がまだ沢山残っていて
    炊飯器も買ったばかり…そんなこんなで
    朝まで米を食べないのは躊躇してしまうのです。

    1. あきらさん、コメントありがとうございます。

      午後の眠気や疲労感から解放されたとのこと、さっそく効果が実感できたみたいですね!

      便秘は食事を変えた初期によく聞きますが、便秘続きで困るからやめちゃったという人もあまり聞きませんので、そのうちお通じしてくると思います。

      逆に糖質制限がすすんでくると穀物=糖質食べたら下痢になるとかあります。

      とにかく身体の反応がよく分かるようになるので、続けられます。

      標準や痩せ型の人が太るかどうかですが、その人の「本来の身体」になって調子がよいならそれが正解なんだと思います。

      自分にとっての正解を探す感じでやってみるといいですよ。

      うちも、残ってるお米は去年の12月精米とかいてありますね(笑)。時々たべてます。

この投稿はコメントできません。