WordPress テーマを STINGER5 からバズ部の Xeory に変更したので紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タイトルのとおりWordPress テーマを変更し新たな使用テーマはバズ部のXeory です。TCD BlogPress から Gush を経てSTINGER5 、Affingerと続けてきたので実質5代目。

シンプルな構成にバズ部の提案がギッシリ詰まっていて、お薦めできるテーマです。どこを評価したか紹介します。

Xeory に変更したきっかけ

このブログの WordPress テーマは、2013年春の開設以降

TCD BlogPress(有料) ,以下無料で GushSTINGER5AFFINGER

の順で変わり、それぞれブログ経験を積み重ねるのに役立ちました。

無料テーマ以降はカスタマイズへの意欲が格段に増し、STINGER5にしてからは GoogleAdsence を貼り投稿数も増やし、2015年の頭には収益の銀行口座への振込も確認できました。

そこから記事数を増やしてさらに収益増をめざす方向にはならず、むしろ「収益めざすのきついな」と逆に投稿数も減って来ていました。

そんなタイミングでバズ部の Xeory はこれからのブログ運営を刺激してくれると直感したので使うことにしたものです。

バズ部 Xeory はこんな書き手におすすめ

読みやすい投稿本文でブログを書きたい

とても地味な点ですが、Xeory はテキスト本文領域が非常に美しくセットされています。

カラムの幅、投稿本文のテキスト文字の大きさ、行間、左右の余白の取り方、見出しのバランスなど。

本文の視覚的な読みやすさは書き手にとっても大事だと考えていて、やはり投稿後に自分がみている画面で美しく表示されているのが確認できると、完成した実感を得られます。

読者の大半はスマホで見えているにしても、です。

Ellora さんの Gush でもテキスト本文領域がきれいで読みやすく調整されてたし、STINGER5 でも自分でカスタマイズしていました(Enjiさんも大事と強調しておられました)。

かつて海外の WordPress テーマを使って「なんかこれ違う」と感じたし、最近では Bootstrap でページを組んでみて日本語をスッキリと美しく見せることは、(文字サイズや行間調整など)たいへんな作業だと分かりました。

Xeory は、投稿ページ、固定ページ、カスタム投稿タイプのLPやCTAでもほぼ完璧といえるセットアップです。

それでもカスタマイズして使いたい

テキスト領域は何もする必要なかったのですが、あまりにシンプルなデザインゆえ、これから流行っていけば Xeory テーマばかりになるでしょう。

採用して一週間も経ちませんが、

  • ヘッダにボーダートップをテーマカラーで入れた
  • 「続きを読む」ボタンのため <more>タグの挿入
  • 「続きを読む」ボタンの hovar カラーを反転
  • アイキャッチ画像 thumbnail の位置と大きさを調整
  • STINGER5 の標準と同じ位置への GoogleAdsence の配置

などカスタマイズしてきました。年単位でスキルも上がってきていますが、なにしろ Xeory のコード構成が読みやすい。

中をよく見ているとレスポンシブ対応のため Bootstrap で採用しているグリッドシステムまで組んでありました。何気なくすごい。

WordPress のテーマの中でも、投稿本文中にグリッドを組んだコンテンツづくりが可能です。もうブログとして書いてるだけではもったいない。

このあたりにもバズ部の「投稿本文へのこだわり」を見る気がします。

コンテンツマーケティングを知りたい

以上の日本語本文の読みやすさコンテンツの載せやすさは、バズ部の提案するコンテンツマーケティングによるデザインです。

バズ部のコンテンツマーケティングとは

ひとことで言うと、中身の濃いコンテンツでマーケティングすること。
グレーやブラックと言われるSEO対策ではなくコンテンツ重視。したがって記事の量ではなく質を重視したブログ運営。

商品やサービスを売るのでなくても刺激的です。

上記のサイトでは、コンテンツ重視を具体的にどうやるのかが詳細に説明してあります。

しかも、すごいのは Xeory では投稿をつくりながらチェックポイントを意識できるようWordPress のダッシュボードが工夫されているという。無料なのが信じられないほどのクオリティです。

文章の書き方が学べそう

Xeory を採用して一番の期待感を覚えているのはコンテンツの作り方もダッシュボードで学べること。Xeory のダッシュボードには効果的にバズ部サイトの解説へのリンクが張ってあります。

バズ部サイトの「である」調の文章が印象に残りますが、そぎ落とされて論理的でわかりやすい文章は、いつも触れていたらこちらまで文章が上手くなりそうな気がしてきます。

このブログは「日記」というタイトルでもあり「日々のよまやまを、思いのままにつづる場所」という意識になっていたと気づきました。それでは却って投稿を増やせないのかも知れません。

ニーズをつかんで読み手に行動してもらう。そのための情報と提案を書く。これを意識してブログを書いてみるのもよいかも。

まとめ

以上、Xeory の良さをまとめると、

  • スッキリと日本語が読みやすく
  • カスタマイズしやすいコードで
  • バズ部のコンテンツマーケティングが詰まっていて
  •  WordPress のダッシュボード、WEBでの解説でいつも学べる

 

バズ部のようなサイト運営が展開できればいいなとイメージをもった方も多いでしょう。

試しにテーマを着せ替えてダッシュボードを覗いてみてはいかがでしょうか?

私は着替えお試し用のブログのため、別ドメインをいくつか使っています。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

SNSでもご購読できます。