故鳩山邦夫さんは「炭水化物抜きダイエット」をしていた?

本日7月10日は参議院選挙が公示されましたが、大きなニュース。

訃報です。鳩山由紀夫元総理の弟で総務大臣を務めた鳩山邦夫衆院議員が亡くなりました。

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2803657.html

鳩山邦夫さんの死因はまだわかりませんが「炭水化物抜きダイエット」をしていたとの情報がありました。

http://news.livedoor.com/article/detail/11597572/

 

病気? そんなことはありません。本人は元気ですよ。ただ、ここ最近は太り気味だったので、健康管理の一環として軽い運動をしたり、『炭水化物抜きダイエット』をしていました。そのおかげで、ピーク時より6キロほど体重が落ちたようです。以前から大きめのスーツを着ているので、ダブダブになり、余計に痩せて見えるのでしょう。髪の毛はもともと短くて薄毛なんです。急激に薄くなったということはないと思いますよ

「炭水化物抜きダイエット」すなわち「糖質制限ダイエット」はわたしも実践して成功して、20キロもの減量をすることができました。

http://ujina.com/category/lchf

全般的に健康が回復できる食事法だと思いますが、それまでに何十年と積み重ねた不健康のツケはなかなか重いものがあると実感しています。

先日の桐山秀樹さんの際にも「糖質制限食をしていたから亡くなった」かのような言われ方が広がりましたが、広がりつつあるとはいえ一般的ではない健康法には、心配の声があっても当然かと思います。

【桐山秀樹さんの訃報に接して】これからも糖質制限食と普及活動にも取り組みます。

鳩山邦夫さんがどのような健康状態でいらっしゃったのか知る由もございませんが、政治家という激務をこなされる中で、食事という毎日の基本根本から取り組んでいらっしゃったのに残念です。

心より、ご冥福をお祈り申し上げます。