【ありえない】「コメを食べて花粉症を治す」

 

またまたムダな研究が発表されました。

コメを食べて花粉症をなおすのだそうです。しかもわざわざスギ花粉の成分をコメに含ませるのだとか。

花粉症、コメ食べて治す スギ花粉成分入り、臨床研究へ

合田禄

2016年10月25日05時03分

花粉症、コメを食べて治せる?

スギ花粉の成分を含んだ特殊なコメを食べて、花粉症の治療につなげる臨床研究を、大阪府立呼吸器・アレルギー医療センター(大阪府羽曳野市)などが11月から始める。うまくいけば、コメを食べるだけで根治できる可能性がある。

スギ花粉による花粉症は、日本人の約4人に1人と推計されている。スギの花粉に含まれ、花粉症の原因となる物質を少量だけ口に含んだり、注射したりして症状を抑える治療法があるが、3~5年かかる。

臨床研究では、原因物質の目印となる部分が米粒の中で作られるように遺伝子を組み換えた「花粉症緩和米」を使う。農業・食品産業技術総合研究機構(茨城県つくば市)が開発し、隔離して栽培している。今回、希望する研究機関や企業に提供することになった。

コメは、日本人に身近な上、胃で分解されずに腸まで届くたんぱく質を含んでいる。花粉症の人が毎日食べ、この目印が腸で吸収されるうちに、体内の免疫機能がこの目印に慣れて、過剰に反応しなくなると考えられている。原因物質そのものは含まれていないため、強いアレルギー症状は出ないとされる。

もしこのような効果がありうるとしても「コメを一定量、食べ続ける」ことが前提である。同じコメを食べるならスギ花粉を含ませることでそれに対する免疫機能を活性化するということは、健康な人の一定の範囲ではありうるかも知れない。

「研究成果」とは単にそれだけのことである。

しかし「3〜5年かかる」とはまことに悠長な話である。

花粉症を治す、というゴールに向かうならこの秋の時期からできて来年の飛散シーズンには十分間に合う方法がある。それが糖質制限食である。

糖質の塊であるコメをやめ、その他の糖質の塊である麺類やパンもスイーツもやめる。やめられなくても、せめて普段の半分の量に減らす。

それで今から11月12月1月2月で4ヶ月ある。マスクが一切不要になるまでなれなくても、シーズン中に目に見えて効果を感じられること請け合いである。

多くのアレルギー症状の根本は糖質の頻回過剰摂取によるものである。「日本人はコメ」と信じて疑わない人には受け入れがたいこの事実こそが真実なのだ。

この「研究結果」は、糖質の塊であるコメを食べることを強く推奨することになる点、さらに「スギ花粉」という余計な異物に免疫機能をさらすことによって、余計に身体の免疫機能をかく乱させる結果になるであろう。

3〜5年かかって花粉症がよくなったかのみならず、10年20年かけて糖尿病やがんにならなかったか?も確認するべきである。

この研究結果をみて、おそらくコメ好きの人は「コメが花粉症に効くのか」とインプットされてしまうであろう。「食欲の秋」のさなか、よりコメを食べてしまう結果になるわけであるが、シーズン的にタイミングが抜群の記事だといわねばならない。

そうではなく「コメを食べなければ花粉症がよくなる」のである。お間違えのないように(笑)。