「自分の仕事でしょう」。前職時代に上司的な立場の目上の方からこう叱られたことがある。その時は全く受け入れることが出来なかった。受け入れる余裕がなかった。

私がミスが多く仕事が雑になっていたのを見て、教育的というよりはハラスメント的な言われ方だったように思っている。それくらい職場にギスギスした状況があった。

「ろくすっぽ仕事の状況も見てくれずこの人は何を言ってるんだ」と。

今となっては、叱ってもらえる前に自分のところに来てもらえない(=仕事をもらえない、助けてもらえない)だけだから、もう言われることはないのだろう。

次にもし叱られたら相当にありがたいと思わなくちゃいけない。

「自分の仕事でしょう」と言ってくれたその方は、他にもいろいろと忠告や無理難題の多い人だった。いっぱいいっぱいで回しているのに特別に時間のかかることを要求してくる。それも当然だと言わんばかりの態度。いくら時間をかけても残業しても終わらず、しかもやればやるほどミスも増え、その修復に、とスパイラルだ。

残念ながらそんな関わり方だったので、その方の忠告していたであろう他のことはキレイさっぱり忘れてほとんど覚えていない。

それだけこの「自分の仕事でしょう」にだけは、引っかかっていたようだ。

それが最近になると「自分の仕事だろ」と自分につぶやくことがある。もしかしたら、もうどなたかにも「自分の仕事なんですから」と言っちゃってるかも知れない。

押しつけられ、やらされる仕事から、自分で創り出していく仕事へ。一つひとつできることを見つけて仕事にしていく、それを通して他人と社会と関わって、経験を通して成長して、また次の段階の仕事を見つけてつくっていく。

そんなことなら「自分の仕事でしょう」と自分にも人にも合言葉のようにいいたくなる。

目の前にあることがすべて、なんらかの意味で、これから造りあげていく自分の仕事の手がかりになる。

そう思えたら、今すぐ、手間を惜しまず、ありがたく、なんにでも取りかかりたい気持ちになる。

「自分の仕事でしょう」

コメント・シェア

体感でよくわかっていたことだが、下記のリンク先で「糖質摂取により自律神経が不安定となりその結果、睡眠の質が落ちる」旨の説明を初めて読んだ。

睡眠を誘う副交感神経優位にするための5つのポイント

http://igot-it.com/suimin-hukukoukansinkei-1916.html

「5つのポイント」というけれども、5つが全部均一で同じ比重なのではないだろう。

2番目に上げられている甘いものと睡眠の関係は要チェックだ。

糖質制限食に取り組んでいるお仲間のみなさんからは、決まって

「寝付きがよくなった」

「目覚めがよくなった」

「精神的に落ち着いてきた」

という声が聞こえる。

だいたい2〜3週間で「おや?そういえば」と気づき始め、2〜3ヶ月のうちに「よく眠れる」「朝がつらくない」と実感するようだ。もちろん私もそうなった1人。

今までなぜそうなるのか、さっぱりわからず「糖質がするいろいろな悪さがなくなるのだろう」「栄養が無駄に消費されないからか」くらいにしか考えられなかった。

ところが、リンク先には甘いもの(つまり糖質)を自律神経に関連させてこう書いてある。

実は、甘いものと自律神経には大きな関係があります。特に夜の甘いものは夜中に低血糖を起こしやすくなるため、睡眠が浅くなりがちです。糖質を食べると、どんな健康な人でも血糖値が上がります。特に、砂糖などの精製されたものは、急激に血糖値を上げてしまいます。血糖値が上がりすぎると体には大きな負担になるため、一生懸命血糖値を下げようとします。

この血糖値の上下こそ、自律神経を乱す原因の一つ。血糖値や体温など、一定に保とうとする働きを持つ自律神経は甘いものによって、ぐらぐら揺れ動きます。そうなると、自律神経は安定できず、また緊張状態に傾きやすくなります。
「安定できず」「緊張状態」というのは、糖質制限食にしてみてから「そういわれると今までずっとそうだった」と気づいたことだ。

  • 元気とはいえ慌てていた。
  • テンションは高いがどこか不安だった。
  • 失敗が恐かった。
    などなど、気分の安定しない緊張状態だったと思い当たる。

 

それが糖質制限食を続けられてからは、

  • 慌てずにゆっくりやればよいと思える。
  • やる気は高くてもテンションは低い。
  • 失敗も楽しめそうな感じがしている
    という心境に確実に変わった。あのストレスはなんだったんだ?くらい気持ちが楽になったのだ。

リンク先の説明に、糖質を(過剰に)摂取することが「自律神経が不安定にし」「緊張状態を持続させ休めなくしている」というのを読み取って、そのわけがまた1つ腑に落ちた。

ただ、 どれほどの根拠と証拠(エビデンス)をもってこれが書かれているのかは不明。

ある自律神経の専門医師の著書を読んでみてもコーヒーなど刺激物への言及はあっても糖質の摂取と自律神経との関連性は登場していない。この先生自身が実践されていないからだろう。まだまだ糖質摂取が当たり前なのも実感する。

血糖値の上下は、自律神経を乱す原因の1つ。

これを覚えておこう。

コメント・シェア

ddcb51f0e774d46350b285bfb1b66a2b

11月1日以来の投稿。堀江貴文さんの最新著書「ゼロ」のテーマに「働くこと」が座っている。これまで堀江さんの本を読んでみることはほとんどなかったが、これまで披露されていなかった幼少期のご家庭のことをオープンにされたのに加えて、「働くこと」がテーマになっている本だと知って、発売前に予約注文したほど。

「働くこと」についての書籍はわが本棚でかなりのスペースを占拠している。労働組合で働いてた(2001年-2009年)わけだから自然のなりゆきで。その流れでは堀江さんの今回の著書「ゼロ」はかなり異色。あのライブドア事件や郵政選挙の頃のホリエモンのイメージのままだったら「働くこと」について言及したって反感を覚えたはず。

あの刑務所からの出所会見での物腰やら、「獄中ダイエット」に成功した姿をみて、お?っと惹きつけられていた。そして「ゼロ」の前宣伝で、あの「ホリエモン」がネクタイをしているではありませんか。

覚めた目で「見せ方変えてきたね〜」とクールに受け止めてみた第一印象だったが、ともかく「働くこと」について彼が何を言っているのか知りたいと思い。

手にとって読み始めたら、私の中で「ホリエモン」が「堀江さん」に変わってしまった。彼が「ゼロ」で書いてることすべてに同意できるわけではないが、向き合って「対話」をしているように引き込まれた。

たかが本一冊ではある。が、これまであれほどギラギラしたイメージだった人物がここまで変えてきたのだから、驚くというか、惹きつけられたわけだ。

単に「いや〜、やっぱりうまい商売をするね」とドライな評価があってもいいと思う。それなら自分の「売り方」の参考になる本として、自分を表現してお金を稼ぐ仕事の方々には、一連の「ホリエモンから堀江貴文へ」の見せ方の変化は、きっと役立つ。

だけども「働くこと」について、あの「ホリエモン」だった人物が語っている以上、自分も勉強のし直しだと思ったし、実際に「働くこと」について模索中の身なのだから、この際、堀江さんとの「対話」に身を委ねてみたいと思っている。

「ゼロ」の中で展開されている一つひとつのエピーソードや「金言」もいい。

だが、僕が考えていたい疑問そのものズバリは、堀江さんのこの本には書かれていないのだ。

この疑問自体をどのように書いたらいいのかわからないのが、「疑問」を持つ場合にはよくあること。考えてゆくうちに問題への近づき方自体が間違っていたり明確になったりするものだ。

漠然とした「疑問」を探りながら断片だけ書いてみると、それは巷にあふれる「働くこと」本への危機感のようなもの。

「労働問題」の現状を告発する側面から「働くこと」を考える著書はたくさんあるし、そんな本ばかりを読んできた。そして労働運動の方面から「仕事ってこんなに楽しいぜ、ほら!」とアピールが発信されたものをほとんどみたことがない。

現在の労働実態を告発するのは必要なことだけれども、運動の側がどれだけ「夢と希望」を語れているのだろうか?小さく身近なことに限ってもそれをみせることに成功していないのではないか。

紛れもなく経営者サイドに立つ堀江さんの言葉が、若い人たちや「働くこと」を考えたい人たちに浸透していく一方で、労働運動の側は「ブラック企業」批判に明け暮れる構図。今はここだ。

この時に「仕事(=労働)って本来は楽しいものでしょ、苦労も乗り越えたら喜びに変わるはず」なんてことを正面切って言うと、大資本家の片棒を担いでいるかのような受け止めをされるんだろうなと感じる。

実際に「やりがいの搾取」をキーワードにした労働本もある。「働くということは、お金をもらうために誰かに従属して生きていくことじゃん」という諦観しきった空気。引きこもりの若者が「働いたら負け」と吐き捨てていたり、職場でのいたずら写真をSNSにばらまく「バカッター現象」にもそんな気分が読み取れる。

仕事を通して充実感と達成感を得ることについてガッツリ書かれている最新ベストセラー本が、この堀江さんの「ゼロ」だという現状、これはどうしてなんだろう?と考えていたりする。

人が働くことについて叙述した最高傑作はマルクスの「資本論」のはずではないの?その方面で自分にも読めそうなものにも目を通してみたい。

そんなきっかけになったのが堀江さんの「ゼロ」なのだ。

コメント・シェア

  • page 1 of 1

ひろしま代書屋日記

author.bio


author.job