もう一昨年になるだろうか。テレビに貴乃花親方が出ていて四股を披露していたので真似してやってみた。

すると、股関節が固まっていたのを実感できた。四股を踏むたびに股関節から腸にかけて気持ちのよい感じが広がる。「快便」の時に頭が爽やかでスッキリするのとそっくりなのだ。

部屋の中でしばらく続けて、こりゃあええわ外に出てやってみるかと、ある日、家の前の河川敷に出て四股を踏んでみた。

すると、なぜかうまく行かない。思うようにバランスが取れなくて、部屋の中で試していた時よりも早く片足が着地してしまう。

時にはバランスを大きく崩して倒れそうにもなる。

一つには、広いスペースでかつ遠くに視点を置くために身体のバランスがわからなくなること。身体の感覚よりも視線でバランスを判断しているようなのだ。

もう一つ、これがこの投稿で書きたいシューズの問題。

リビングで四股を踏んでいる時は当然ながら裸足か靴下である。それが河川敷に出るとなると当然靴を履いている。四股を踏みに出るのに仕事用の革靴を履くわけはないから、ランニングの際に履いているシューズ(NikeのFree)だ。

ランニングシューズで四股を踏みづらいわけはすぐに分かった。

四股を踏むには、足の裏全体で(しかも片足立ち状態で)身体を支える必要がある。脚を持ち上げる高さやスピードにより刻々とバランスが変わるのを足の裏でキャッチしてバランスをとる。

これが、ランニングシューズを履いていると、踵周辺のサポート性が高すぎて足の裏キャッチが十分にできないため、却ってバランスを失ってしまう、という感じなのだ。

仕方なく裸足になって踏んでみたらバランスはとれるものの、さすがに冬の時期のコンクリートでは冷たくてやってられなかった(本当は裸足がいいような気もするのだが)。

その時から、足裏全体を使って身体のバランスを測りながら動作をすることを強く意識し始めた。

スノーボードでも「足裏全体をアンテナのように」と教わった記憶があったのだが、何気ない普段の歩き方にも影響するんじゃないかと考えるまでになった。

その直後、子どもたちのカンフー教室に同行した際に、それを思い出して、体育館で練習するジュニアたちの足元を見てみたら、みんな同じシューズを履いているではないか。

中国でカンフーするならこれ!ってくらい定番なシューズらしく、教室の老師(先生)が取りまとめて買ってくれるものだ。

IMG_0991

別にホームセンターでも売っているいわゆる昔「◯ョン靴」と呼んでいたペラッペラ靴でもよかったのだが、教室の老師(先生)の先輩が運営されているネットショップで自分用に買ってみた。

GLOBAL WUSHU(グローバル・ウーシュー)
http://www.global-wushu.com/

正真正銘のランニングの際は、今までどおりNikeのFreeを履いているが、ランニングという名のウォーキングでカンフーの基本功を繰り返しながら2キロを行って帰るのなら、断然こいつを履いて出る。

毎日ランニングに出ていた頃は、続ければ続けるほど身体がコチコチと固くなっている感じがしていた。確かに、ランニングはストイックであり、バリエーションのある動きとは程遠い。

そこで最近は、身体が温まることに加えて、身体がほぐれて「気が通る」感じを得たいため、カンフーの基本功の動きを取り入れながらウォーキングをしている。

中国武術(カンフー)基本功

http://youtu.be/lD8EJ1DjJWg

この動画の少年たちの履いているシューズも底の平べったくて薄いものだ。

思えば、ジャッキー・チェンも、リー・リンチェイも、ブルース・リーもみんなペラッペラ靴でカンフーしていた。

あれだけ激しい動きをしていて、足首を痛めるからとか衝撃から膝を守るとかって話は皆無なのだ。

そして太古の人類は、靴がなくて足が痛いからといって野生動物を仕留めるのができなかったら死活問題だったのである。

運動不足だからとランニングしていながら、あちこち痛めるからといって様々な「サポート性」をマーケットから買っているのは現代に特有なあり方なのだろう。

そういえば小学生向けの「瞬足」とかいう頑丈そうなスニーカは「徒競走用」と銘打っていて、なんと左右非対称ソールだ。

これって、もし機能が本当ならば毎日履いた場合には身体が歪んでいくのではないだろうか。また、運動場の都合で左右が反対周りになったとしても機能するんだろうかと心配にもなる。

身体本来の機能を発揮させる、もしくは機能の発揮を阻害しないためにペラッペラ靴に回帰してみてもいいんじゃないだろうか。

コメント・シェア

「ゼロ」を読んで以来、私の中で「堀江さん」に変わったこの方。(その心境についてはこちらの投稿参照)

ホリエモンこと堀江貴文さん。facebookでタイムラインをフォローしてながめていますと、堀江さんが糖質制限食を実践されていることがよくわかります。ホリエモンちゃんねるの動画でもそれとわかる発言もされていました。

それらを以下に紹介してみます。

もちろん堀江さんも糖質制限だからって私自身が糖質制限食を続けるモチベーションが高まったりも低くなったりもないのですが、「ホリエモン」の頃の太っているイメージとその後の「激ヤセ」、そして「糖質制限」というキーワードが結びつくので、一般的にはインパクト有りまくりでしょう。

ご本人は糖質制限食のことをあまり語るつもりはないように見えます。外食関係のサイト運営も手がけておられるところを見ると「糖質を食べていない」ことがひとり歩きするのもよくないのかも。

もちろん私が心配することでは全然ありません(笑)。

なお、ご本人曰く「元々痩せてる」し「太っている時期のほうが短い」らしいです。

 

では、facebookの投稿から。






 

ホリエモンちゃんねるでの発言。

堀江さん「俺なんか月1アイスもしない」

http://youtu.be/3o45B7ohm84?t=1m48s

コメント・シェア

「5つの鉄板タスク」を分類するとしたら「書類整理15分」と「ブログを書く」は言わばワーク系だ。これに対し、ランニングと並んで【瞑想15分】はライフ系だと言える。

もっとも、おおざっぱに言って「仕事」に近いか「生活習慣」の方に近いかというだけだ。そもそもフリーランス自営業は「生きてるように働いている」もので仕事と生活が区別できないのだから。

以前簡単に述べたけれど【瞑想15分】でするのは、

  • 目を閉じて
  • 15分間
  • 意識を心身に集中する
    ということで、それだけだ。

うまく瞑想状態に入れたなら、15分後に目を開けた途端、別世界に訪れたようなスッキリ感を得られる。誰でも経験したことある例で言えば、昼食後に眠くなり少しウトウトしたり机に突っ伏して一瞬で深い眠りに落ち、ガバっと起きて「ここは?どこだ?」のような感じ。

何かがシャキーン!とリセットされたようなあの爽快な気分。

顎を引いて、背筋を伸ばし、骨盤の上に頭が乗っているよう意識すると、背中や肩に変な力が加わらない。その他、身体のどこかに無理な力が加わっていないかを意識する。

仕事など諸事情でストレスを抱えていたら、緊張していることがよくわかるし、意識も集中しにくい。だからこそ、瞑想で緊張をほぐす意識で行う。

よく言われる「内観」というものをできているのかどうかはわからないが「額が冷たく涼しい」「腕が重い」などのイメージを作って意識が自分の心身に集中していくことを促す。

雑念がどうしても浮かぶときにはあえて抵抗しないで、その雑念を観察するようなつもりでいる。

ときにはストレッチを加えながら「瞑想」に入る。身体に負荷をかけながら自己の精神世界を訪れるのが「ヨガ」であるし、ストレッチも伸ばしているところを意識すると効果的と言われている。

負荷をかけ意識を集中するのが何らかの意味で効果的であることは、古来から人間は気づいていたのだろう。

それを生活に取り入れて質を向上させて、もっと現代的に仕事にも生かせるようにというわけだ。

iPhoneでタイマーをセットするが、たいがい10分位で集中力が切れてくる。目を開きたくなり、雑念が多くなる。修行がまだまだ足りないようだ。

【瞑想15分】を続けるうえでの工夫として、ストレッチと同時に行ってもオッケーにする以外に強いて挙げれば行うタイミングだろうか。

あまり起床直後に行うイメージはない。午後に入って若干眠さを覚えたり、疲労感を感じネガティブ思考が生まれ始めた時間帯がよい。

夕方の家事や夜の会議や営業活動に向かって、リセットする感覚だ。あまりに睡眠不足なら寝てしまってタイマーどおり15分で起きるのがよいこともある。

そのまま2時間経ってしまうこともあるが(笑)、仕方ないではないか。

「瞑想」のような「静」の時間は、調子がよい時は逆にサボりがちだ。しかし、そんな時こそ「調子の良さ」を諌めるくらいのつもりでやはり瞑想に入るべきだ。

寝る前になってしまったら、眠気をおして意識を高レベルに集中する方向になる。

糖質制限食で血糖値を急上昇・急降下させないのと同じように、精神レベルを一定に保つのが目的。

それには身体を一旦「静」にする。これが瞑想だ。やはり身体を使って精神に働きかけていることがキモだ。

コメント・シェア

タスク管理を行う目的は、一般的には「より効率よく仕事を処理するため」というイメージがある。だけどそれをそのままやると私のような思考に柔軟性がなくて凝り性な人間には、ストレスを高めるだけで計画倒れになるものだ。

だから「より効率よく=もっともっと!」という視点は採用していなくて、ハードルを低くして毎日でもできるようにという狙いがメインになっている。

【ランニング】で狙っているのはまさにそこ。

当初から、15分〜20分ほど外で汗ばむくらい運動をと思って始めた。ちょうどジョギングで1キロ先の橋の袂まで行って帰ってきたらそれくらい。

これなら毎日でもできる。

ところが、当初(昨年10月)は久しぶりに身体がよく動くのが嬉しくなり、毎日走りながらも、欲張って距離もペースも伸ばしてしまった。

IMG_1818

走り終えての爽快感はいいけど、身体に疲労もたまる。脚や腰にくると却ってケガの原因になるし、ストレス解消のつもりがストレス源にもなりかねない。

調子に乗るとついつい「休ませる」のを忘れてしまうのが凝り性たる所以だ。

ということで、最近は【ランニング】と称していてもほとんど「ウォーキング」になっている。ダッシュしたり、歩いたり、カンフーの基本功をしながらで2キロ。

もちろん、これだけで続けるってのも刺激がなくなるだろうから、またバリエーションつけながらになるはずだ。

距離やコース、体操のメニューはどうあれ、

  • とにかく外にでる
  • 15分〜30分汗ばむ強度
  • 身体がほぐれる
    この要素が満たされていれば、「本日の【ランニング】終了!」ということにしている。

「タスク」を形態でとらえずに意味や機能でとらえると、タスク管理の意味も違ってくるし、続けやすさも向上すると思う。

コメント・シェア

「5つの鉄板タスク」の続き。タスクなんて呼んでみるけど要するに「日課」のこと。必ず毎日続けるぞと努力する項目。ルーティンともいう。

  1. 書類整理15分
  2. ブログを書く
  3. ランニング
  4. 瞑想15分
  5. 日次レビュー
    この5つになった背景や動機のようなことは置いといて、具体的に何をしているかを紹介すると。

【書類整理15分】とは?

仕事が書類との格闘のため、仕事に取り掛かる前または終了後にはたいへんなことになりがちなので、デスク周りの書類に片をつけていくのは代書屋業として必須となる。

なんて書くとたいそうに聞こえるが、単にずぼらなだけだ。

依頼を受けている、または営業活動の中身に入るかどうかは置いといて、とにかく手当たり次第、書類を整理する。

とっておきたいものは袋ファイルの要領で角2サイズの封筒かリングファイルに閉じていくが、捨てることがメイン。

レシートも袋ファイルに入れておいてまとまった時間に貼り付け作業。自営業は常に確定申告というイベントに備えておかなくてはならない。

なぜ15分かというと、どこかで切らないとそれこそ切りがないからだ。15分続けたらタスクを達成したことになるので、iPhoneのアプリに記録して終了。

【ブログを書く】とは?

そのまんま。ブログ記事を投稿する。毎日続けようとすると記事の濃淡ができる。書くことにモチベーションが低い時は中身のないものを書くことになる。そしたら、こんなの意味ないよな、なんてことに必然的になり、ブログ更新がストップする。

それでもどういうわけか書こうとする姿勢と時間は確保しておきたい、と思うところがあるからタスクに入っている。たぶん、文章をつくるのが仕事のベーシックだという観念があるからだろう。

昨年毎日続けて書いた期間があったものの、見事に放置状態に入ったのはこのタスクだ。

【ランニング】

糖質制限食の実践と深いかかわりがあって始めた。減量ということもあるが、スタミナを試したりしてみたかった意味も大きい。

自宅から、2キロのコース、4キロ、6キロとコースを決めた。iPhoneのアプリが距離を教えてくれるから便利だ。

「ランニング」と名づけているものの、実はハードルを思いっきり低くしておくため「ウォーキング」になってもいいことにしている。雨の日でも「出走」するために橋のしたでエクササイズ15分でも良いことにしている。

要するに、最低15分汗ばむくらいの運動をして帰ってくれば達成のタスクにしてある。

努めてハードルを低くしていても、欲が出て距離とペースを追求したりもするようになる。昨年10月の季節の良い時期にまさにそうなってしまった。

後に詳しく触れるが、かえってストレスと疲労をためたと思う。

【瞑想15分】

目を閉じ呼吸に集中して、15分継続する。その間、おでこに意識を集中しておく。

それを基本として、ランニングなど筋肉の疲労を取りたいときなどは、ストレッチに移行して15分継続することにしてそれも「瞑想」と呼ぶことにしている。

ストレッチと瞑想を同時に行うのが「ヨガ」であるからとってつけたようなことではない。ポーズを作って身体に負荷をかけることで瞑想が深まるのだ。

ランニングと瞑想については、糖質制限食の実践で体調を「内観」できるようになったことが大きい。

単に続けていれば体力がつくだろう的なものではなくて、今の体調に注意を集中することができる。そして体調の変化に敏感になり、対策も機敏に打てるようになる。そのあたりを別に書いてみよう。

【日次レビュー】

その日の振り返りをする時間。小さなノートにボールペンで書きながら振り返る。大雑把に午前・午後で書くこともあれば、分単位で記録できるときはそれを書く。

振り返りが寝床になってしまうこともあるが、頭のなかでしておいて、翌朝ノートに書いておく。

「記録は1冊のノートにまとめなさい」の人と、あるブロガーでノマドワーカーの方が振り返りを日課にしているのを真似してみたら、なるほどこういうことかとうまく行ったのだ。週次、月次、年次、もあるがそれはまた追って。

 

以上が「5つの鉄板タスク」として実行する内容。

誰でも「日課」を設定して継続したいと思うのはなぜだろう。それは「勤勉」を象徴する行為だから、結果はともかくそれだけで賞賛される(ような気がする)もの、充実と満足を得られる行動だからだろう(笑)。

それだけに目的と手段の倒錯も起こりやすい。「日課」や「タスク」を決めて書き出してこなしていくことを、どのように捉えたら実践的で効果的なのか。

次回以降で、一つ一つのタスクを振り返りながら考えてみたいと思っている。

コメント・シェア

もう半年近く前になってしまうが、備忘録的に書いておこうと思う。5つの鉄板タスクの話。

昨年の9月から10月にかけて何となく腹の底のほうから「毎日のルーティン」がこなせるような、以前のように手帳にやるべきこと(タスク)を書き付けておいて、済んだら消していく、というのができるような気がしてきた。

毎日が充実してる感じがしてくるアレですよね(笑)。

こんなの、やり始めたはいいがそのうちなんだか目的と手段が入れ替わった感じになり、定石どおり続かなくなって「挫折」を迎える、というのを繰り返している。

もちろん、今でもそう。昨年10月をピークにその時決めていたことも、見事に続けていない。

とはいえ、振り返ってみても、我ながらあの時設定していたタスクはなかなか良かった、設定の仕方がうまかったなと感じたものだったので、メモしておこう。

スマートフォンのアプリを使って管理していたから、細かく残っていたりもする。毎日続ける5つの鉄板タスク。

それは

  1. 書類整理15分
  2. ブログを書く
  3. ランニング
  4. 瞑想15分
  5. 日次レビュー
    というもの。

各タスクごとに、どんな動機や意図で設定したか、どのようにこなしていたか、などを書いていたら1週間から10日分くらい、このブログのネタになりそう。

ということで、今日はおしまい。

コメント・シェア

今日は学童保育関係の集会でとある大学キャンパスで1日すごしました。ここ数年毎年参加していますが、この集会でお昼のお弁当を断ったのは初めて。

気をつかっていただいて「じゃあ、これでもいかがです?」と差し出された出展バザーのケーキも丁重にお断りし。

その場に居合わせたお母さんから「OTさんはね、ダメなんですよ」とツッコミ入れてもらえるまでになっていることも自覚。

「そうなんです。朝も昼も食べず寝る前にガッツリと肉を食べてお酒を飲むんですよ。」とご説明。

 

「一番ダメなことじゃないですか!」

 

と、嬉しいリアクションが返ってきます。

なぜ嬉しいかというと、そこへ待っていたかのように「でもね、半年でちゃんと14キロ落ちまして、リバウンドせずに小学生の頃のような爽やかな体調ですよ。」と続けるからですよね。

イベント弁当をみなさん召し上がっている横でこんなトークだから申し訳なくて仕方がない。

というわけなので(謎)久しぶりに今朝から口に入れたものを確認してみます。

起床時に
炭酸水をコップ1杯

朝8時出発。車で参加者を拾いながら
缶コーヒーとカマンベールチーズの3Pを購入。

会場到着から10時開会までに
缶コーヒーを終了。

10時開会。会場整理をひと仕事終えたので
出展していたとある保育園の出展コーヒーをカップで。カマンベールチーズ2P食べる。

講演を聴き終わりお昼休憩。
お弁当とケーキを断りながら来週の会議の打ち合わせ。カマンベールチーズ残り1Pを終了。

午後の分科会から撤収まで3時間
なにも口にせず。

帰りの参加者の送り後、帰宅。
レギュラー・コーヒーとミックスナッツだけのつもりが息子のリクエストで点てたミルクココア少なめに1杯をプラス。

ただいまのところこんなもんです。

ご存じのとおりまったくお腹空きませんよね。会場でお弁当の配布係もしまして、たしかにおいしそうでしたが、また食べるときの楽しみにワクワクしてそれで十分。

そして、営業活動の方も名刺をお二人にお渡しすることができました。もちろん営業活動が目的で参加したわけではありませんが、保育事業の法改正実施に関連して、行政からの補助金のことで立ち話に。

昨年同じ会場でグループ討論した私を覚えてくれていたようです。その際には仕事を名乗ったわけではないのに、最初から「こんなことになっていて迷っている」と、代書業ドンピシャのご相談で不思議な巡り合わせとなりました。

コメント・シェア

テーマを TwentyFourteen に変更したことで見た目と機能が変わってしまいました。これから、カスタマイズして使いやすくしていこうと思います。といっても私自身にとっての使いやすさになってしまいそうで恐縮ですが。

カスタマイズ項目を気のつくままに列挙してみると

  • ソーシャルボタン(「いいね!」など)は大きめのを置く
  • メイン記事の文章幅を広く
  • リスト表示でアイキャッチ画像つける
  • 「前の記事」「後の記事」をボタンにする
  • カテゴリもボタンにする
    などなど。

でも、手当たり次第にやっていたらとても時間がありませんので、どうしてそれがしたいのか熟慮しながら手を入れていこうと思います。

例えばソーシャルボタンを置くのは「やっぱり書いた記事を読んでもらって拡散されたいのか?」の問題ですので、これはよく自問自答してみないとなりません。

良く読まれているブログは必ずデザインもよいということはありませんが、単純につつきたい、ということもあったり。

それでは。

コメント・シェア

ひろしま代書屋日記

author.bio


author.job