政治経済

21世紀の労働者に資本論なんて読めるのでしょうか?マルクス本人の手による「入門書」あります

先日、ピケティ氏の「21世紀の資本」が邦訳で発売されてました。

いち早く手に取ってみたい気はしましたがさすがにお値段がですねw。

リーマンショック後でもありグローバル経済といわれるもとでの資本主義論がどんな切り口と展開になっているのか、全世界的ベストセラーと言われるものならチラッと気になるものはあります。

続きを読む