糖質制限

「大ブームの糖質制限を考える」とかいうやつ

ご飯はこうして「悪魔」になったといって、糖質制限を批判を試みるエントリみかけたので、よく読んでみたけど、あの独特の面白くなさって「文化人類額」ていう分野だからなのかな?

大学の人っぽいアカデミックな筆致だったので丁寧に読んでみたけど、かえって残念な感じを増しました。ガクッ!

だもんで、こちらに長めの批評を書いてみましたよ。

【ありえない】「コメを食べて花粉症を治す」

 

またまたムダな研究が発表されました。

コメを食べて花粉症をなおすのだそうです。しかもわざわざスギ花粉の成分をコメに含ませるのだとか。

花粉症、コメ食べて治す スギ花粉成分入り、臨床研究へ

合田禄

2016年10月25日05時03分

花粉症、コメを食べて治せる?

スギ花粉の成分を含んだ特殊なコメを食べて、花粉症の治療につなげる臨床研究を、大阪府立呼吸器・アレルギー医療センター(大阪府羽曳野市)などが11月から始める。うまくいけば、コメを食べるだけで根治できる可能性がある。

スギ花粉による花粉症は、日本人の約4人に1人と推計されている。スギの花粉に含まれ、花粉症の原因となる物質を少量だけ口に含んだり、注射したりして症状を抑える治療法があるが、3~5年かかる。

臨床研究では、原因物質の目印となる部分が米粒の中で作られるように遺伝子を組み換えた「花粉症緩和米」を使う。農業・食品産業技術総合研究機構(茨城県つくば市)が開発し、隔離して栽培している。今回、希望する研究機関や企業に提供することになった。

コメは、日本人に身近な上、胃で分解されずに腸まで届くたんぱく質を含んでいる。花粉症の人が毎日食べ、この目印が腸で吸収されるうちに、体内の免疫機能がこの目印に慣れて、過剰に反応しなくなると考えられている。原因物質そのものは含まれていないため、強いアレルギー症状は出ないとされる。

もしこのような効果がありうるとしても「コメを一定量、食べ続ける」ことが前提である。同じコメを食べるならスギ花粉を含ませることでそれに対する免疫機能を活性化するということは、健康な人の一定の範囲ではありうるかも知れない。

「研究成果」とは単にそれだけのことである。

しかし「3〜5年かかる」とはまことに悠長な話である。

花粉症を治す、というゴールに向かうならこの秋の時期からできて来年の飛散シーズンには十分間に合う方法がある。それが糖質制限食である。

糖質の塊であるコメをやめ、その他の糖質の塊である麺類やパンもスイーツもやめる。やめられなくても、せめて普段の半分の量に減らす。

それで今から11月12月1月2月で4ヶ月ある。マスクが一切不要になるまでなれなくても、シーズン中に目に見えて効果を感じられること請け合いである。

多くのアレルギー症状の根本は糖質の頻回過剰摂取によるものである。「日本人はコメ」と信じて疑わない人には受け入れがたいこの事実こそが真実なのだ。

この「研究結果」は、糖質の塊であるコメを食べることを強く推奨することになる点、さらに「スギ花粉」という余計な異物に免疫機能をさらすことによって、余計に身体の免疫機能をかく乱させる結果になるであろう。

3〜5年かかって花粉症がよくなったかのみならず、10年20年かけて糖尿病やがんにならなかったか?も確認するべきである。

この研究結果をみて、おそらくコメ好きの人は「コメが花粉症に効くのか」とインプットされてしまうであろう。「食欲の秋」のさなか、よりコメを食べてしまう結果になるわけであるが、シーズン的にタイミングが抜群の記事だといわねばならない。

そうではなく「コメを食べなければ花粉症がよくなる」のである。お間違えのないように(笑)。

こんな有名人の方々も糖質制限をしています

最近では、テレビ番組でも取りあげられることの増えた「糖質制限」。

そもそも現代は糖質のとりすぎ。身体にそなわって機能以上の糖質を摂取していれば、さまざまな健康障害や病気になるのは当然です。

これまでの医学や栄養学が解明してこなかったところなので、各人それぞれが情報を得て、それぞれのやり方で試していくのが大事ですね。

有名人の方がおこなっているダイエット(食事法)は影響力がありますので、注目しています。こんな方々も取り組まれているようです。

孫 泰蔵さん 実業家

あのソフトバンクの孫正義さんの弟さんのようですね。

長友佑都さん Jリーガー

肉とトリュフですからね。

コメント欄にも「ケトン代謝」というキーワードが出てきます。長友選手が糖質制限をしているのは間違いないですね。

私もケトジェニック食事コントロールでケトン代謝を意識して生活をしているので、テレビを観て嬉しくなりました。将来、糖尿病やダイエットで困っている方に食事改善を主にケトン体の凄さを伝えられるようなお仕事が出来るように頑張りたいです、、

 

長友選手の食事はお姉様の料理で支えられているんですね!

インテル長友の食事術①:姉の料理でケトン体回路体質に!老化防止・冷え性・メタボ・イライラ等健康体で能力をフルに発揮する方法とは?

 

中谷美紀さん 女優

20160429

6年前にインドに旅行したのをきっかけにベジタリアンをされていたようです。

http://healthpress.jp/2016/05/post-2387.html

ベジタリアンは肉をたべないで野菜のみを食べるライフスタイルです。糖質制限は炭水化物を制限すると同時に、肉や魚、卵をしっかり摂りますから、ベジタリアンとは真逆の方向になります。

ご自分の身体で実感して、どちらが正しかったのかを理解して選択されたのですね。

鳥越俊太郎さん ジャーナリスト・東京都知事候補者

4度にわたるガンの手術を経て、いまではガンになる前より健康とのこと。

ガンの唯一のエサは糖質ですので、糖質を摂らない食生活は最高のガン予防でしょう。治療法としては現在の権威医療では認められないところでしょう。なぜなら、誰でも食事で治ってしまうのですから、これまでのガン「治療」の仕組みと制度が崩壊しますから。

鳥越さんにはぜひガン・サバイバーとして糖質制限の食事を広めてもらいたいです。そうすると、むしろ「ガン検診0%でいい」という結果にもなるかも知れません。

食事だけでなく、すごく鍛えておられるようですね。すばらしい。
http://good–influence.blog.so-net.ne.jp/2016-07-12-2

糖質一日100グラム超の衝撃。

おつきあいでの糖質大量投下が続きました。これから数日に起こるであろう身体の(心の)変化を予測しています。

わたしの場合、必ず猛烈な空腹感や気分の落ち込みがくるはずなので、あらかじめ予定して過ごし、身体を縮こまらせないのを心がけます。その対応の根拠になるのが、摂取した糖質量の把握です。

続きを読む