ひろしま代書屋日記を書いている小笠原亨です。広島市で行政書士をして暮らしています。このブログ「ひろしま代書屋日記」と書いてる中の人わたしの紹介をします。

ブログのテーマ

糖質制限裸足ランニングといった、健康の話題が多くなっています。それはわたし自身が極度の体調不良の数年間を経験したからです。

おかげさまで毎日を幸せと感じて過ごせるようになり、こうやってブログも書けております。体調がつらい時期であれば書いては消し書いては消しで、徒労感と自己嫌悪のツールにしかならなかったでしょう。

健康を取り戻す過程で強く認識するようになったのは、多くの人間が普通に(漫然とというニュアンス)生きていたら不健康に陥るように社会の仕組みが出来上がっているのだ、ということです。

食品、医療、労働、産業、ビジネス、情報。

これら広い分野にわたって、人を不健康に陥らせる力が根本で働いています。

それが利潤第一主義の資本主義経済社会にあるとの認識で、この社会を「資本主義」と名づけたカールマルクスの思想を紹介することが多いです。

労働問題や格差、平和、民主主義、大企業批判と言った話題が多いのもそのためです。こういうと「サヨク」と見られるのでしょうけど、そのとおりですし、それでいいのです。

しかし、資本主義社会は人類が長年かけて到達した社会システムです。たしかに棄民とも言える社会を捨ててしまうほどの動きをみせているとはいえ、これを是か非か思弁的に一刀両断にする勢力が現れて廃棄するだろうというのは妄想というものでしょう。

資本主義経済のもつ発展可能性を引き出しながら、もっと深く自由と民主主義を社会に根付かせて未来への土台を作る勢力が、将来を決めていくだろうとの政治観です。

その勢力の一つとして、わたし自身が行政書士という職業もあることから小規模事業者つまり地域の商売人の役割にコミットしてものを考えています。これから人の個性化と多様化を事業として推進できるのは小規模事業者、地域ビジネス、商売人だと思っています。

以前は大学の労組で仕事をしていたので労働運動からブルジョワに宗旨替えかと揶揄されることもありますがww、評価はお任せします。本人は一貫しているつもりでも、こればかりはしょうがない ww

ブログを始めた経緯

このひろしま代書屋日記は、糖質制限をはじめたのをきっかけに2013年の春から書き始めました。以前2000年代の初め頃でしたか excite でブログを書いてましたが、自営業になるにあたり自分の核になるブログを書かなくてはと計画していました。

ひどい体調不良の時期や、自営業のスタート時期にも試行錯誤こそしたものの、いくつかのブログを立ち上げては潰すをいくつか経験していまに至っております。そのブログ運営(失敗反省)経験を投稿することもあります。

糖質制限の話題から開始したのは「レコーディングダイエット」のイメージがあったからかもです。記録することって強いですからね。もっとも今となってはレコーディングダイエットもオワコンですけど。

ブログタイトルについて

「ひろしま代書屋日記」という名称は、このブログを始める前に「仙台なかのや日記」という同業者のブログをよく見ていた頃に決めました。

なので、特に思いやコンセプトを込めに込めて決めたものではありません。

ただ、地域の(=ひろしま)実の仕事で、ちゃんと働かなきゃな(=代書屋)という戒めにはなっています(笑)。

わたしの業界内では自らを「代書屋」と呼んだり呼ばれたりするのをよしとしない雰囲気があるようです(やめなさいと言われたことはないです)。「街の法律家」と業界トップは自称したいようです。

いま「法律家」ってイメージいいんですかね?よくわかりませんが。同時に「行政書士は人間ワープロだ」といって誹謗する他士業の方には、それは違いますよ、と言っておきます。

広告について

2014年の夏ころから GoogleAdsence を貼っています。広告を踏むとわたしに収益が発生します。投稿中に、書籍や食品などの商品アフィリエイトを貼っているのも同様にわたしに広告収入が発生します。

念のため申し添えます。

ブログ運営その他

コメント欄は現在閉じています。コメント返しをご期待くださって投稿へのコメントをしていただいても、タイムリーにコメント返しできないからです。

閉じた時期に Google+ のレクタングルを貼って実名公開もしました。投稿の中味とは離れた形で、コンタクトを取っていただければと思います。可能な範囲での返信をさせていただきます。

以上をご了承ください。